日漢堂鍼灸院







中国四千年の知恵

古い中国からの記事

日常生活に於いて、体内に毒素は常に蓄積されていきます。
その蓄積された有害物質はいわゆる"毒素"と言われるもので、それが過剰に蓄積されると多くの病気につながります。
毒素を体内から排出しないと大変なことになります。

蓮の花 四千年の知恵 1

蓮の花 四千年の知恵 2

蓮の花 四千年の知恵 3

蓮の花 四千年の知恵 4




蓮の花





四千年の知恵 1



有毒危険

1. 毒素は病気の原因になります 私たちの体は長年多大な圧力下に生活しているため臓器内へ毒素が徐々に侵入し臓器機能障害を起こす原因になります。

2. 毒素に関心を持ちましょう 飽和脂肪と炭水化物の取りすぎは、うつ病・認知症及び精神障害等の重要な要因になります。体液や血液が酸性に傾くと、脳細胞に必要な酸素と栄養が十分に届けられなくなります。

3. 毒素から逃れることはできません 長い間の毒素の蓄積により体液が酸性に傾くことによって、臓器に障害が現れます。それは、ホルモンの分泌障害、睡眠障害等の原因になる可能性があります。

4. 毒素は女性に害を与えます 毒素が体内に存在することにより、様々な臓器の機能不全、又、ニキビ、色素沈着、乾燥肌、肌の弾力性が無くなったりします。腸内にある毒素により血液が汚れ、肝臓の負担を増加させ皮膚疾患につながる可能性があります。

5. 毒素による早期老化 慢性中毒により肝臓と胆嚢の解毒機能は低下し、腎臓や趙の解毒機能も徐々に低下します。毒素が体内に蓄積すると体が酸性化し、次第に慢性中毒に進み、細胞も老化が進みます。

次のページへ

蓮の花


inserted by FC2 system